teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2020年ライブ告知

 投稿者:小林万里子  投稿日:2020年 1月 2日(木)21時09分41秒 223.29.218.50
編集済
  あけましておめでとうございます。
昨年は、裁判の「なんとか勝訴」があり、長い間の加害者・西濱哲男との闘いに一応のピリオドを打つことになり、
溜まりに溜まった疲労を癒し、ストレスで上がりに上がった血糖値を徐々に下げて行くべく食生活の改善などに取り組んだ日々となりました。
その一方で第4回「平楽祭」を主催させていただいたり、数々のエキサイティングな音楽イベントに出演させてもらったりと、
多くの方々のご協力、ご厚意をいただいて歌い手冥利に尽きるような濃密な音楽活動をさせていただきました。

皆様、本年も何卒よろしくお願いいたします。

今年年頭のライブは、1月11日萱島のジュークジョイント「居酒屋・大将」での「新春ハラパー祭り」に始まって、
1月25日天満橋の音楽の殿堂「立呑み 活力屋」での中能禮さんとのジョイントライブと続きます。
2月に入りますと、2月9日に十三駅からわずか3分の立地にある黒人音楽のパワースポット中のパワースポット
「Bar RainCoat(レインコート)」で小林万里子とビーロキシーズライブをやらせていただく運びになっております。
お暇がございましたら、お運びいただけたら幸いです。
 
 

2019.12.21(土)神戸三宮「チューリップハット」

 投稿者:ギターの鷲尾  投稿日:2019年12月19日(木)22時16分49秒 168.149.130.146
  私(小林万里子)もギターの鷲尾も神戸生まれ神戸育ちで、神戸をこよなく愛する者ですが、
その割には神戸でライブをやる機会が少なくてさびしく思っております。
その旨を、神戸在住で神戸以外のライブにも来てくださるピーちゃんご夫妻に
ボヤいたりしていたのですが、「じゃあ、ひと肌脱ぎます。神戸でやれるとこ探します」
と言っていただき、お知り合いに当たるなど奔走してくださって
実現の運びとなったのが、このライブです。
ピーちゃんが行きつけの、生田神社にほど近い、
東門筋そばの居酒屋「あっちっち」の山崎マスターのご紹介で、
そのすぐご近所の「チューリップハット」でライブをさせていただくことになりました。

「チューリップハット」の常連客でもあり出演もされている味噌ちゃんが、
この度O.A.をやってくださるとのことです。
普段は「のびのび会」というバンドでボーカルをされている方ですが、
今回はお一人での弾き語りです。

阪急、阪神、JR、地下鉄の三宮駅から近い便利な場所ですので、
神戸以外の方もお越しください。
飛行機で神戸空港まで来られる場合もポートライナーで三宮までシュッと来れますし、
遠方からでも来やすい立地になっております。
よろしくお願いいたします。
 

2019.12.29京都・西院「ウーララ」

 投稿者:ギターの鷲尾  投稿日:2019年12月 9日(月)18時00分55秒 pl9539.ag1313.nttpc.ne.jp
編集済
  毎年恒例・ウーララ年末イベントです!

今回は、昨年~今年とウーララ周年記念ライブで共演させていただいているMr.69(ミスターロック)さんが、
今考えうる限り最強の下ネタシンガーを集めてくださったそうです。
我々も下ネタ多めで頑張ろうと考えてます。

小林万里子(Gu.鷲尾悠持郎 Harp.大野木一彦)
Mr.69
ミッキー大畠とローリング☆タロ
サイバーパンク演歌歌手Σ

開場:18時30分 開演:19時

チャージ:前売り2000円 当日2500円(+1D 600円)

皆さま、どしどしお運びください!!!
 

2019.12.30京都・千本中立売「天Q」

 投稿者:ギターの鷲尾  投稿日:2019年12月 9日(月)17時53分12秒 pl9539.ag1313.nttpc.ne.jp
  シーガン山下(魂のソウルシンガー)

小林万里子(浪花のジャニス・ジョプリン)
with 鷲尾悠持郎G 大野木一彦Harp

加計呂麻レゲエズ

開演:19時

チャージ:投げ銭
 

2019.12.5京都西木屋町「わからん屋」

 投稿者:小林万里子  投稿日:2019年11月24日(日)14時22分9秒 pl5437.ag1313.nttpc.ne.jp
  河原町「わからん屋」さんでの、裏猫キャバレーのBAR企画第2回目、
「小林万里子とビーロキシーズ」ライブですが12月5日にやらせていただきます。
第1回目は8月8日にやらせていただいたのですが、
ジャズナンバーもネタナンバーもしっかり受け止めてくださるいいお客さんばかりで
手ごたえビンビンな中、気持ちよくやらせていただきました。
私の中では若い頃から京都といえばアングラ→サブカル→真っ暗なジャズ喫茶
というイメージが沁みついているのですが、
内装もコンテンツもそのイメージ通りの反骨のライブハウス「わからん屋」さんにて
本格ジャズミュージシャンと共にやらせていただくこの幸運。
西成ジャズ、高槻ジャズもいいですが、河原町ジャズもどうでしょうか、
その中心地、最大ホットスポットがここではないでしょうか、
というご提案も含みつつの第2回目決行です。

裏猫キャバレーさん
(烏羽珠闇斗さんと砂布均さんのコンビでの反体制ジャズ・ブルースユニット)が
「わからん屋」の木曜日のブッキング、主催をされているのですが、
何がすごいと言って、精進料理食べ放題ディナーショー形式になっていることです。
山下洋輔さんの盟友でジャズピアニストである闇斗さんはお寺の住職でもあり、
かつて精進料理の店もやっておられた方です。
その方が長年培った技術を投入して精魂込めて精進料理を作られて
お客さんにも出演者にも提供される形でのライブなのだと
前回行ってみて初めて知りまして、もうびっくらこいたと申しますか、
カルチャーショックを受けまして、京都ってすごい、
底知れんとつくづくと感じ入った次第です。
しかも食費はカンパでいいって、なんと懐の深いこと!
精進料理は淡泊で地味、味気ないのでは…というイメージを裏切りまくる、
濃厚でパンチフルな味わい、しかも殺生はしていないという…。
タンパク質は十分足ります。

大阪からでも阪急の快速でスッと行ける
京都河原町駅から徒歩数分という便利な立地条件。
風情ある高瀬川沿いに位置する「わからん屋」に皆さま何卒お運びください。

尚、ビーロキシーズ、メンバーのプロフィールは
10月17日の十三レインコートライブの告知の際に書かせていただきましたことを
以下にコピペさせていただきます。よろしくお願いします。


以前から李庸恩さんは
韓国の後藤次利というキャッチコピーでご紹介してまいったのですが、
改めてプロフィールを拝見してみると、そうそうたる経歴であり、
そのコピー以上に遥かに凄い方であるのが伺えましたもので、
以下にリンクを貼りましたので、皆さま、よかったらご覧になってください。

http://leeyongeun.web.fc2.com/profile.html

海を越えた大恋愛にて7年前に来日され、
関西を中心に全国的に音楽活動を展開されております。
短期間で日本語も習得され、
打ち上げでも活発な音楽談義を他メンバーとかわされており、
なんぼほど頭ええねんと唸らされております。
音楽のスペシャリストである上に、
韓流ドラマそのもののようなドラマチックな人生を送っておられ、
その波乱万丈な生き方が深みのあるベースの音に反映されている気がしてなりません。

李庸恩さんだけでも朝の連続テレビ小説のモデルになるような濃い~人生なんですが、
ドラムの本間さんサックスの村山さんも決して負けておられません。

本間卓哉さんとは20年ほど前に面識を得たのですが、
当時は京都で時代に先んじてハウスハズバンドをされており、
山科のジョン・レノンと言われておりました。
その後、一念発起して一家で聖地熊野に移住され、木こりをされておりました。
度々の大怪我もあり木こりは廃業され、
現在は自宅で作曲などの音楽活動にいそしみ、全国区のニュース番組であったり、
旅番組(「ぶらり途中下車」)などでBGMとして採用されるなど大活躍をされておられます。
熊野の地から全国に発信する在り様など、
音楽家にとってのニューライフスタイルを実践して結果を出しているという、
これぞ「働き方改革」の見本のようなお方です。
安倍総理のような、ウソで耳触りの良いことをブチ上げて
実のところ労働状況をただただ悪化させている「働き方改革」とはえらい違いで、
まさに対極の存在と言ってもいいかと思います。

熊野の家に泊まらせていただいたことがありますが、
地元の木材を使用してご自分も建造に参加した手作りのエコハウスに住んでおられ、
たとえば水なども雨水・湧き水・井戸水等を一部浄化して飲料水にしたり、
その他は生活用水に回したりと合理的かつオーガニックな生活を営んでおられる様子でした。
元々多量の塩素を入れられてる上に麻生太郎が推し進めてきた民営化によって
フッ素などの毒物を更に水道にほり込まれて飲まされる一般家畜人とは違って、
本来人が飲むべき水を飲んでるというその当たり前のことがとても眩しく映りました。
ただ、台風などがあるとすぐそばの川が増水して避難を余儀なくされるなど、
ご苦労も並大抵ではない中でのナチュラルかつスリリングな暮らしです。
熊野から車を数時間飛ばして十三まで来ていただいて演奏していただく、
そのドラムの音色の中に日々の緊迫感やまた大自然の雄大さであったり、
波乱万丈な本間さんの人生が反映されるのは間違いないでしょう。

最後にサックスの村山さんです。私と同年齢の65歳ですが、
長年サックスのみでメシを食って来たという稀有な存在で、プロ中のプロと言っていいでしょう。ビッグバンドで歌謡曲の伴奏を何十年もやられ、
ご本人の弁によると「美空ひばりと都はるみ以外は全員演奏した」とのことです。
ジャズと歌謡曲は地続きであり、
ジャズのビッグバンドが演歌の伴奏をするのが昭和では当たり前で、
切り離して考えられるものではありません。
本格的にジャズの演奏も出来る人が演歌も手掛けており、
村山さんはその典型例としてミュージシャンのキャリアを築いて来た方と言っていいでしょう。
「美空ひばりと都はるみ以外」ということは青江美奈も八代亜紀もやられたということです。
この両名はジャズのアルバムも出されており、
日本ジャズボーカルの最高峰と私は考えておりますが、
演歌を歌われている時でも根底にジャズのスピリットが流れており、
村山さんはそれを十分にサポートされていたということなので、
どれだけ優れたジャズマンであったかそこからもうかがい知れようというものです。
藤田まこと楽団の専属メンバーであった時期も長く、絶対的な信頼を得ていたものと思われます。
そのようなキャリア故ボーカルファーストという姿勢を貫いて来られた村山さんが、
全身全霊でビリー・ホリディのナンバーなどを演奏してくれるとは、
なんて贅沢な話でしょうか。

ビーロキシーズのメンバーとはこんな方々です。
気分はすっかりヘレン・メリル、サラ・ボーン、ダイナ・ワシントンです。
彼女らの最高のパフォーマンスを引き出した
クリフォード・ブラウンになぞらえた理由がお分かりいただけましたでしょうか?!
 

2019.12.21(土)神戸三宮「チューリップハット」

 投稿者:小林万里子  投稿日:2019年11月24日(日)14時10分24秒 pl5437.ag1313.nttpc.ne.jp
  私(小林万里子)もギターの鷲尾も神戸生まれ神戸育ちで、神戸をこよなく愛する者ですが、
その割には神戸でライブをやる機会が少なくてさびしく思っております。
その旨を、神戸在住で神戸以外のライブにも来てくださるピーちゃんご夫妻に
ボヤいたりしていたのですが、「じゃあ、ひと肌脱ぎます。神戸でやれるとこ探します」
と言っていただき、お知り合いに当たるなど奔走してくださって
実現の運びとなったのが、このライブです。
ピーちゃんが行きつけの、生田神社にほど近い、
東門筋そばの居酒屋「あっちっち」の山崎マスターのご紹介で、
そのすぐご近所の「チューリップハット」でライブをさせていただくことになりました。

「チューリップハット」の常連客でもあり出演もされている味噌ちゃんが、
この度O.A.をやってくださるとのことです。
普段は「のびのび会」というバンドでボーカルをされている方ですが、
今回はお一人での弾き語りです。

この方とは、ご縁があると申しますか、
不思議な運命の糸で手繰り寄せられての十数年ぶりの再会となります。
味噌ちゃんの高校時代に授業の一環として
フェミニスト北原みのりさんが講演者として招かれ、
私のことに言及してくださったそうで、
私が神戸三宮のおっぱい公園で、
今は亡きブルースハーピスト岩元一功氏らとライブをやった時に
聴きに来てくれたのが最初の出会いです。
その後、京都の大学に入られ、京都でのライブにも来てくれました。
そして今回の共演となり、
この間に味噌ちゃんは立派なミュージシャンに成長されていた
ということが判明いたしまして、大変うれしく思っております。

「チューリップハット」さんは来年、
ビルが建て替えになるとのことで当分休業となられるようです。
年内いっぱいしかライブの予定が立てられない状況の中、
すべり込みで年末にやらせていただくことになりました。
このお店は下ネタもOKとのことで、クリスマスソング下ネタバージョンを始め、
無礼講でやらせていただきますので、
よかったら一緒にどんちゃん騒ぎしにお運びください。
阪急、阪神、JR、地下鉄の三宮駅から近い便利な場所ですので、
神戸以外の方もお越しください。
飛行機で神戸空港まで来られる場合もポートライナーで三宮までシュッと来れますし、
遠方からでも来やすい立地になっております。
よろしくお願いいたします。
 

2019.11.16(土)寺田町「オルクェスタデラビッチ」

 投稿者:小林万里子  投稿日:2019年11月12日(火)16時58分51秒 p2801207-ipngn200908osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
  1週間を切りました。
皆さま、11月16日(土)は寺田町「オルクェスタ・デ・ラ・ビッチ」にお越しください!
 

2019.12.5京都西木屋町「わからん屋」

 投稿者:ギター鷲尾  投稿日:2019年11月12日(火)16時56分45秒 p2801207-ipngn200908osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
  日本橋の老舗のジャズハウス・ビーロキシーにて
2017年の7月1日を第1回目としまして計6回、
本格ジャズミュージシャンのサポートによる
ジャズ&オリジナルライブをやらせていただきました。
最初はベースレスでしたが
3回目からは韓国の後藤次利と言われる李庸恩さんに加わっていただいて、
更にパワーアップした布陣にてお届けしてまいりました。
あの空間におけるベストな音響を追求し続け、遂にこれだ!
というところに到達したのが2018年11月3日であり、
メンバー同士の音コミュニケーションもバッチバチに出来るようになって、
最高の音に固まって来たなぁ、さぁこれからだ!
と思った時に店が閉店に追い込まれてしまいました。

メンバー全員がアフタービート・フェチで、
音楽的価値観が一致しており、
それ故の絶大なグルーヴを発生させながら、あくまでボーカルファースト。
ビリー・ホリディの伴奏をする
ジャズジャイアンツを彷彿とさせるような奇跡のメンツです。
このままこのバンドが消滅してしまうのは余りにも勿体ない、
忍びないと思いまして、
バンド名をビーロキシーズと命名するとともに
新天地を求めることにいたしました。

昨今、京都のジャズミュージシャンが演奏拠点として
結集し始めているとお聞きしまして、
それならばと、河原町「わからん屋」での
ビーロキシーズ、活動再開を思い至りました。

毎週木曜日に「裏猫キャバレーのBar」という形で
店を任されておられる裏猫キャバレーさんとは、
これまで3.11メモリアル反戦イベントなどに呼んでいただいて、
何度か「わからん屋」で共演させていただきました。
そのご縁から、ビーロキシーズライブを
「裏猫キャバレーのBar」デイに決行させていただこうかと…。

裏猫キャバレーさんには裁判で傍聴に来ていただき大変感謝しておりますが、
お二人とも裁判所に入る際に、その都度その都度、長時間にわたって留め置かれ、
執拗に身体検査を施されておりました。
何故かテロリストのように決めつけられる訳ですが、
そのお二人のアジト?いやホームである「わからん屋」で
ジャズからネタから最高のミュージシャンとともにやらせていただくことに。
テーマは「ジャズってけっこう下世話?!」です。
どうか皆様、関西ジャズシーンの台風の目になりつつあるのかもしれない
「わからん屋」に奮ってご来場ください!!
 

2019.12.21神戸三宮「チューリップハット」

 投稿者:ギター鷲尾  投稿日:2019年11月12日(火)16時55分23秒 p2801207-ipngn200908osakachuo.osaka.ocn.ne.jp
  朝起きたら~ 男の態度が変わってた~
すんまへん~ 年、サバよんでましてん~
などでお馴染みの孤高のブルースシンガー小林万里子が
夜の神戸三宮で歌います。

19:30 Open 20:00 Start

Chage:投げ銭

090-4298-7978
神戸市中央区中山手通1-9-8 2F
チューリップハット
 

2019.11.16(土)大阪・寺田町「オルクェスタ・デ・ラ・ビッチ」

 投稿者:小林万里子  投稿日:2019年10月14日(月)18時11分57秒 pl13748.ag1313.nttpc.ne.jp
  11月16日の寺田町デラビッチでのライブチラシを
アップさせていただきます。

2019.11.16(土)大阪・寺田町「オルクェスタ・デ・ラ・ビッチ」
開場:19時 開演:19時30分
チャージ:投げ銭
問い合わせ:06-7182-6527
住所:大阪市生野区林寺1-1-19

チラシではロイキさんが「寺田町に住み」となっていますが、
現在は郷里である高知に移られ
高知から全国のライブハウスにツアーで回られています。

以前はデラビッチのすぐそばに居住しておられた関係で
ロイキさんが店に出入りされるようになり、
お陰でデラビッチが本格ブルースライブハウスに
変貌を遂げて行ったとのことです。

ロイキさんは今も寺田町のデラビッチを含む3店舗を廻る
「どですかでん」というライブイベントを継続して開催するなど、
寺田町をブルース色に染め上げる活動も続けておられます。

そのロイキさんのお陰で8月に
大野木一彦さんのサポートを得て
第1回目のデラビッチライブをやらせていただきまして
11月に再びやらせていただく運びとなりました。

寺田町近辺の方々、
そうでない方々も何卒ふるってお運びください。
 

レンタル掲示板
/106