teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10月3日第2回「平楽祭」のお知らせ

 投稿者:小林万里子  投稿日:2018年 9月20日(木)00時32分10秒 pl32053.ag1313.nttpc.ne.jp
編集済
  第2回「平楽祭」が近付いてまいりました。
大勢の方に傍聴に来ていただいた「9・11 裁判フェス」も何とか終わり、
加害者や加害者を異様にかばってきた人物を法廷に引っ張り出すという念願は達成できました。
相手方の弁護士にド迫力で押し切られてしまったような局面もあり、
判決としては、こちらの主張がどの程度認められるか、予断を許さないものがあります。
「9・11 裁判フェス」の報告も交えながら、
今度は裁判フェスならぬ音楽フェスを10・3に開催させていただきます。
丹波哲郎の言葉を借りまして「裁判とライブは地続きだ!」とのコンセプトの元、
豪華ミュージシャンの方々とともに「平楽祭」、ブチかましたいと思っております!

出演者は「平楽祭」の提唱者かつ命名者である、ご存知「まっすん」こと増田俊郎さん。
そして、第1回目にも出演してくださった魂のブルースマン・キング堀内さんです。
キングさんには裁判で陳述書も書いていただいております。
私は、いつもの相方・鷲尾悠持郎に加え、
日本を代表するブルースハ-ピスト大野木一彦さんにも参加していただき
「地続きライブ」をやらせていただきます。

そして、今回「平楽祭」初登場のブルースバンド・ザ・マッドストンパーズさんです。
この方々は昔から神戸を代表するブルースバンドとして名を馳せて来られました。
ボーカルのくのたカヨシさんとは、妙なご縁で大学時代に面識を得ました。
私が「女性解放研究会」をやっていた時に、相棒の女性が軽音のセクハラチラシを見つけ、
糾弾に行こうと誘われ、その時、責任者として折衝して来られたのが、くのたカヨシさんでした。
糾弾していたつもりがいつの間にか「ブルースやりたいんです」という相談に変わってしまい、
「それなら、アローという店で、スネイク秀島さんがブルース講座をやってるから行ってみたらいい」
などと親切に教えてくれ、その秀島さんの指導を受けて作ったのが
「朝起きたら…」や「便所のブルース」でした。
また、「ロバート・ジョンソンのカバーがしたいけど歌詞カードが付いてなくて困ってます」と言うと、
大学ノートを貸してくれました。
くのたカヨシさんがご自分で聴き取ったものをビッシリ書き込んでおられたものでした。
糾弾に誘った相方からは「あんたのせいで嫁に行けない」などと訳の分からない糾弾を受け、
絶縁状態となりました。
くのたカヨシさんには裁判の傍聴にも来ていただき、
この事件において応援する姿勢をとっていただいております。
私とくのたカヨシさんとは、
女性差別とブルースが織り成す不思議な捩れた赤い糸で結ばれているということでしょうか。

https://youtu.be/8en5yw0d2e4
https://youtu.be/SmyJKN0vGRs

最近くのたカヨシさんが、
77年のマッドストンパーズのライブ音源をカセットからデジタル化してYouTubeにアップされました。
ライブの場所は、くのたカヨシさんの紹介で秀島さんのブルース講座を聴きに行った、
まさにその「アロー」です。
41年前の演奏ですが、くのたカヨシさんのボーカルをはじめ、
全楽器、全演奏がとてつもなく素晴らしいので
皆様、よかったら聴いていただきたいと思います。
「Live in 猟奇変態クラブ アロー」というタイトルが付いております。
あの店は正式にはそんな名前だったのか?!
私の裁判は「この豚野郎裁判」とか「猟奇変態パフォーマンス裁判」などと自分で命名しているんですが、
9・11の1日前の9・10(1977年)のライブ音源をこの9月16日にアップされるなど、
変態シンクロニシティ満載の赤い糸で結ばれ? いや、赤い縄で縛られ…?
 
 

2018.8.23京都河原町「わからん屋」

 投稿者:小林万里子  投稿日:2018年 8月12日(日)00時59分42秒 pl4964.ag1313.nttpc.ne.jp
  2015年4月18日、福井県福井市のライブハウス「ノーサイド」にてライブパフォーマンス中に
共演男性から暴力を振るわれて目に後遺症を負った事件に関しまして民事裁判を続けて参りましたが、
裁判も大詰めを迎え、9月11日に1日限りの傍聴人を入れての公開法廷が開かれることになりました。

大阪地裁611号室にて、午前中は原告側の証人3名(うち1人はギターの鷲尾)、
そして午後は、被告側の証人1名、原告、被告という順番で尋問が行われます。

出廷者全員ミュージシャン。
殴ったミュージシャンは大トリで出演、いや出廷という音楽史上に残る、
そして、SM史上にも何故か残りそうな「変態はどっちだ?!」裁判です。

10月3日に増田俊郎さん提唱による「第2回平楽祭」が西宮北口「RJ&BME'S」にて
しめやかに開催されますが、9・11公開法廷のご報告という形になるかと思われます。
その前夜祭という意味合いで、9・11よりも前に裁判支援ならびに傍聴を呼び掛けるという
ライブイベントを京都河原町「わからん屋」にて開催させていただきます。

裏猫キャバレーの反骨精神バリバリのお二人とジョイントという形でアナーキーにお届けいたします。
裏猫キャバレーのピアノ&ボーカル担当の鳥羽珠闇斗さんは、
山下洋輔さんの盟友で超絶ピアニストである上に、
浄土真宗の僧侶でもあらせられる霊験あらたかなお方です。
裁判の相手方が悪魔やドラゴンの魔力に依拠するというならば、
こちらは仏様のお力にすがりたいという気持ち満々で、この方のご支援を仰ぐ次第です。

その相方の砂布さんは、長年にわたって西成の三角公園などでともに出演させていただいた同志です。
ラブ・アンド・ピースが服を着て歩いてるような存在であり、
ブルージー且つ反体制な、得も言えない音楽をいつも奏でてくれる、
その名のとおりのとてもスナフキンなお方です。

大御所にもお友達にも忖度しない、
このお二人と繰り広げる「平楽祭前夜祭in京都」に奮って皆様ご参加ください!!


【平楽祭前夜祭in京都@裏猫キャバレーのBAR】
★9・11公開裁判支援ライブ

2018年8月23日(木)
Open 18:30
Start 19:30

問い合わせ:わからん屋
京都/西木屋町六角北西角 シャイン会館3階
TEL 075-213-1137

出演
★小林万里子&鷲尾悠持郎
★裏猫キャバレー
 (砂布均・烏羽珠闇斗)

チャージ:投げ銭


※平楽祭(平和に音楽やりたい同盟音楽祭―へぇがくさい)
※9・11公開裁判
(大御所ブルースマンによる女性ブルースシンガー小林万里子殴打事件の民事訴訟)
 

2018.8.4(土)「西院フェス」

 投稿者:小林万里子  投稿日:2018年 8月 1日(水)01時38分48秒 pl1122.ag1313.nttpc.ne.jp
  西院フェスティバル(8/4~5)、今年も出演させていただきます。

私の出演は、8月4日(土)鉄板焼「あじしん(西大路四条下る3筋目東入る)」19時からです。

詳しくは下記アドレスにて

https://saifes.net/


先日、宮崎にて実に6年ぶりに「谷岡学長の歌(ツイッターブルース)」を歌わせていただきました。栄コーチパワハラ問題発覚後、「谷岡学長の歌」を聴きたいという
お声を多数いただいておりましたが、時間が長いのと、数年前の時事ネタなのでやりにくい面があるという2点がネックとなり、やってみるということをためらってまいりました。しかし、宮崎にて、どうしてもやってもらわないとというご要望をいただき、どうなることかと思いながら、思い切ってカマしてみました。そうしますと、時系列等々のややこしい問題もある中、けっこうお客さんに付いて来ていただき、食いついてくださった方もたくさんおられまして、当方、大変気を良くした次第でございます。谷岡郁子ブームが去る前に、長い歌とはいえ、やっぱり、この際、カマしといた方がいいかなと思い直しまして、この度の「西院フェス」にてもご披露させていただくつもりです。持ち時間の4分の1はこの曲に占められますが、それだけの意味があるのではないか、残りの人生、谷岡郁子普及活動に賭けてみてもいいのではないかと…。

また、現在係争中の「ライブ中に殴られた事件」の9・11公開法廷、証人も被告も原告も全員ミュージシャンという前代未聞、1日限りの「裁判フェス」への傍聴呼びかけも合わせてブチかますつもりでおります。

皆様、暑い中、大変でございましょうが、?どうぞご家族、ご友人、ご同僚、セフレ、不倫相手、SM仲間など、お誘い合わせのうえ、奮ってお運びいただきますよう、お願い申し上げます。
 

今日です!!!

 投稿者:小林万里子  投稿日:2018年 7月21日(土)13時21分22秒 pl11362.ag1313.nttpc.ne.jp
  2018.7.21(土)京都・西院「夕方カフェ」
志のぶちゃんバンド・小林万里子ジョイントライブ!!

開場8時 開演19時 チャージ:投げ銭

京都市中京区壬生東高田町41-2
075-202-1921

昨年の10月22日に登千明さん主宰の雑派倶楽部企画として、
このメンツでジョイントライブをさせていただきましたが、
生憎その日は超ド級の台風が襲来いたしまして、
命懸けで来ていただいたごく少数のお客様を相手にやらせていただくという事態となりました。
「志のぶちゃんバンド」のボーカルであり、全曲作詞作曲されている正木さん、
そしてギターの戸木田さんとは、実に35年ぶりの再会ということで
(FBやってるとそういううれしい事も起きるもんで)、意気込んでのジョイントライブのはずが、
天候に阻まれてしまい、是非リベンジをと誓い合って、嵐の中お別れした次第でした。

その日、どうしても行きたかったのに
家族、親戚一同に止められて行けず悔しかったと後に語ってくださった方もおられたぐらいの悪天候でした。
次は台風のない頃にやりましょうとなりましたが、
昨今の気候のありようでは予測不可能でございまして、どうなることやら…。
気象改変兵器で台風のコースが曲げられたり、人工台風だ、人工地震だ、と
巷間言われててハープだ、ケムトレイルだ、やれビルゲイツが世界人口削減に邁進しているだとか、
いや彼はもう死んでいるという人もおり、いやいや軽井沢の別荘の地下に潜んでるとか、
いろんなこと言われて頭も混乱するなかで天候が大丈夫そうな日を割り出すことなどとてもとても…。
結局いてまえ、でこの日に設定しましたが、
不測のゲリラ豪雨、竜巻、ポールシフト、小惑星衝突等々の事態が起きぬよう祈るばかりです。
今回も雑派倶楽部企画でお届けいたします。
 

2018.7.27(金)宮崎市「ガーラム」

 投稿者:鷲尾  投稿日:2018年 7月 5日(木)17時18分54秒 pw126247146218.14.panda-world.ne.jp
  2月11日の宮崎県日向市でのライブに引き続きまして、宮崎市において
小林万里子とチンウナギ、そしてスネイク秀島さんのジョイントライブを7月27日(金)に決行させていただきます。
宮崎の皆様、なにとぞよろしくお願いいたします。

チンウナギのメンバーでございますが、
まずベースの西川さんは、関西で最も忙しいジャズベーシストと言われている方です。
歌詞やコンセプトへの理解力が超ド級で、瞬時にしてベストのラインを導き出す、最高の司令塔です。
おっとりした人柄で若大将シリーズ(古~い)の加山雄三みたいなイメージの方です。

ドラムの高野さんは、豹柄で有名なコテコテの町、大阪・千林在住。
しかし顔は妙に彫りが深くハイカラ。
ジャズ、デルタブルースからロックまでジャンル問わず、スティック、ブラシ、段ボールドラムまで何でもござれのオールラウンダー。
常に筋トレ、ランニングで体を鍛え、千林から嵐山まで散歩がわりに自転車で往復。

ギターの大石さんは、宮崎県延岡市在住。
日向市のヤマハでギター講師として指導力を発揮。
このメンバーによる九州ライブは福岡で2回、日向、そしてこの度の宮崎と4回にわたりますが、
全て九州在住の大石さんのご尽力により実現して来たものです。
人格は極めて温厚な方ですが、ギンギンのロックがお好きで、
大石さんのたってのご希望で今回「東京スカイツリー(ホールロッタラブ)」をやらせていただくことに。

サックスの稲屋さんは、あのやしきたかじんの眼鏡にかない全国ツアーに参加したほどの力量の持ち主です。
尊敬して止まないたかじんの話を始めたら止まらない。
たかじんを取り巻く女性たちの描写が細かいこと。着物の柄まで教えてくれます。
また稲屋さんは日本酒と納豆とコープの味付け海苔をこよなく愛し、常々伝道師のように熱くその良さを語る方であり、
無類の風呂好きでもあります。池田の城南温泉の回数券も持っているとのこと。

そして、日向に引き続きジョイントをさせていただくスネイク秀島さんですが、
地味なようでもじわじわと引き込んでいく年季の入ったデルタブルースが日向で大好評。
会場は興奮のるつぼと化しました。
ブルース一筋50年。
40年前に私はこの人に師事し、12小節というものを教えてもらいました。
六甲道のアパートにポータブルレコードプレーヤーを置いておられたのを昨日のことのように思い出します。
デルタブルースのレコードに何度も針を落として同じ箇所をかけ、
こんな風にしてコピーするんやと言っておられました。
そういった努力を積み重ねて今日の、秀島さんにしか出来ないいぶし銀の、
しかし枯れ切っている訳ではなく、どこか生々しく艶っぽいブルースパフォーマンスというものを
築き上げて来たのだなと思うと、まことに感慨深いものがございます。

また、この度は会場であるガーラム様、
同志社大学レコード鑑賞サークルにおいて
私の封印されたファーストアルバムをかけてくださっていたDracOb様、
ご友人の横尾様、
また宮崎市高岡町のタイ料理店「宙豆」様に情宣のご協力をいただいており、
心より感謝いたしております。
またライブ当日も宜しくお願いいたします。

https://m.facebook.com/100014562428836/albums/116352382193509/?ref=m_notif&notif_t=like_tagged#!/photo.php?fbid=192734281221985&id=100014562428836&set=a.116352382193509.1073741828.100014562428836&source=56&ref=m_notif&notif_t=like_tagged

 

明日です!!2018.6.30大阪日本橋「B-ROXY」

 投稿者:鷲尾  投稿日:2018年 6月29日(金)19時42分39秒 pl20766.ag1313.nttpc.ne.jp
  B-ROXYライブ、日が迫っております。

海を越えた大恋愛、韓流ドラマを地で行く
二の線バリバリの韓国の後藤次利ことベースの李庸恩さん。
しかも頭脳明晰でイ・ビョンホンをいつも連想してしまいます。
その上ビリー・ホリディが大好きとおっしゃるので、大感激!

美空ひばりと都はるみ以外の有名演歌歌手の伴奏は全部やった、
藤田まこと楽団専属でもあった、
しかし、バリバリのジャズミュージシャン、
サックス一本で45年飯食って来た村山順平さん。
サックス侍という形容がこれほど似合う人も、まあ、いません。

そして、ドラムの本間卓哉さんは、まさに波乱万丈の人生。
大学で東洋哲学を学び、ハウスハズバンドとして山科のジョン・レノンと言われた時期もある。
そして聖地・熊野に移住して、一旦、木こりになりながら、現在は木こりを卒業。
熊野古道にほど近いエコハウスにて一家でワイルドに暮らしながら作曲活動に邁進。
聖地からテレビの旅番組やニュース番組等々のテーマ曲やBGMとして数々の名曲を発信。
山科のジョン・レノン時代からの付き合いですが、
当時からアフタービートのドラムは他の追随を許さないものがありました。

これらの凄腕ミュージシャンの方々が火花を散らし、
且つ融合して得も言えんグルーブを醸し出すこの音楽空間に
是非みなさま身を置いてみていただきたいです。

日本橋の名物として、かの由緒正しい味園ビルや味園ユニバースと並び称せられる
ビーロキママも手ぐすねひいてあなた様のお越しをお待ちしております。
 

無事でした

 投稿者:小林万里子  投稿日:2018年 6月28日(木)04時04分5秒 pl20766.ag1313.nttpc.ne.jp
  凄い揺れでしたが食器が割れたぐらいですみました。ライフラインも大丈夫でした。余震もあって不安でしたがそれもなんとか収まりました。ありがとうございます。  

(無題)

 投稿者:カサンドラ  投稿日:2018年 6月18日(月)22時40分17秒 p20212-ipngn10201marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  御無沙汰しております。
小林さん、鷲尾さん、御無事でしょうか?
 

美奈様

 投稿者:小林万里子  投稿日:2018年 6月14日(木)17時32分55秒 pl1069.ag1313.nttpc.ne.jp
  嬉しい決定ですね。日本記念日協会というのがあるんですね。どんな申請をして、どう納得されて認定に至ったのか興味深々ですね。ともあれ名古屋市民の皆様正式決定おめでとうございます!!  

つボイノリオ記念日認定

 投稿者:美奈  投稿日:2018年 6月 8日(金)10時13分8秒 global223-017.aitai.ne.jp
  おはようございます。
本日、日本記念日協会より、正式に
『6月9日つボイノリオ記念日』
として認定されました。???
詳しくは、協会のHPをご覧下さい。
取り急ぎ、ご報告まで。
 

レンタル掲示板
/101