teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


了解しました

 投稿者:K子(東川)  投稿日:2018年 1月25日(木)22時22分54秒
  私の方も似たような状況です。

若手と言われていた時代はあっという間に過ぎ去り、
茫々たる老いの真っ只中です。

老い暮らしにも少しは慣れてきたら、
晴れの日もたまにはあると気づくこの頃です。

今年古希になります。
人生なんてこんなものかい、です。
同時期に《触光》会員になるのも何かのめぐりあわせかもしれませんね。

作品提出するところまでは……ですが、
誌上でお会いできる日もあるかもしれません。

そのときはよろしくね。
 
 

ありがとうございます

 投稿者:亜都子  投稿日:2018年 1月24日(水)11時19分39秒
   「触光」誌でお名前を拝見して、たいへんなつかしくうれしかったものですから、賀状をお出ししました。今年の賀状はおもいきって、もうおそらく縁が無いだろうとおもう人には出しませんでした。それは、今後はこじんまりと自分が作れる句を書こうというような決意でもありました。世界を小さくしようというようなことです。
 句会に縁がなく、柳人と会うこともないという特殊な環境をそのまま受け入れ、地味に継続できるまでは続けようとおもっています。とは言っても、東川さんとのように、柳誌でお目にかかれば、またどんな展開になるのかはわかりませんが。
 昨年暮れごろより、自分の顕示欲について結構考えています。そうして、それをつぶしたいとおもっています。うつくしく見えないからです。
 大塚まさじさんのコンサートは十年ぐらい前、ここ紀州であり、行って来ました。紀州であっても行かないとおもいます。そういう好奇心がゼロになってしまいました。5K、「気力」「金」「健康」「好奇心」「気迫」がまったくありません。
 野菜が高いので、花は玄関だけにして、庭を目下畑に改造中です。
 陽気な鬱期とでも言いましょうか。植物化でしょうか。低迷とか。
 偏屈な老人になる入り口にあるのかもしれません。
 ご丁寧な返信ありがとうございました。今日はやっと冬らしく少しこちらは寒いのです。
 雪がチラついています。あたたかいと花粉症で顔がかゆくなるので、これぐらいがいいですね。
 

ご無沙汰しています

 投稿者:K子(東川)  投稿日:2018年 1月23日(火)16時50分14秒
  お年賀状いただきましたが、それっきりになっています。
ごめんなさいね。

以前西岡恭蔵さんのファンだとお聞きしてました。
先日ひょんなことから、こんなコンサート話題が耳に入りました。
三月十八日に、
恭蔵さんと《ザ・ディラン》のユニットで活動していた大塚まさじさんの、
コンサートがあるそうです。
恭蔵さんの故郷の志摩市で、Proofというお店で夜の八時からです。
ご興味があれば、ちらしを送ります。

お世話係の岡野和代さんにお尋ねになってもかまいませんが。
先日、伊勢で岡野和代さんのギターの弾き語りを聴く機会があって、
そのコンサートのことを知りました。

090-6588-4693 です。

恭蔵さんを一緒に偲ぶコンサートになるのではないかしらと思ったものですから、
こちらに書き込みさせていただきました。

御浜からだと、志摩市のどこかに一泊してもらう形になるでしょうが、
よかったらと思いまして……。



場所はプルーフというバーのようです。
 

いろいろ ございまして

 投稿者:亞都子  投稿日:2017年11月 8日(水)20時01分2秒
   などと言うこともある、で「このハゲー!」なども言う側であると確信する。盗聴などとは、人としてもっとも卑しい行為だとおもう。まさか、大義名分の影でテレビ局からお金をもらってはいないでしょうねとおもう。お金をもらうか、あんな人が政治家ではとおもったなどと言うのはわたしにとってはちぐはぐ。
 そんなことはどうでもよく、にわかに花粉症になったようで、目のまわりがかゆい。化粧も、ここは避けている。股関節痛、どちらにしても、たいした災難ではない。
 家族を見ていると、どうも自分ばかりに目だったことがあるような気がする。家人、息子、娘皆、順風である。「騒がせるつもりはなくて台風だ」拙句。そんな気分である。
 災難を「身から出た錆」ととるか神様にあいされている、耐えられるからだととるか。両方である。
 

南方熊楠

 投稿者:亜都子  投稿日:2017年10月28日(土)12時39分13秒
   車で五分ほどのところに、この人が守った楠がある。図書館でこの人の関係する本を借りて来た。人からだんだん離れていく。のわりに、文士の異性関係も読んでいる。
 一雨ごとに寒くなる。今日ぐらいがちょうどいい。
 

(無題)

 投稿者:亞都子  投稿日:2017年10月26日(木)08時25分24秒
   生姜入りの入浴剤を一昨日より使っている。保温効果が長いようで、股関節もグッと良くなった気がする。庭の草をシルバー人材の人にお願いしようかなとおもっていたけれど。ボチボチとやっぱり自分でしようかなと迷っている。水平移動は平気で、歩行も普通になってきた。動きが少しのろいけれど、これが普通かもしれない。
 昨日の朝、救急車のサイレンの音がした。案の定、知り合いの人だった。痛みのきつい人で、病院で少しは楽になられたかなとおもう。
 男女のことも夫婦のことも詠むけれど、実際は出家したような気持ちでねと。男友達に話したのは先一昨日。ふたりでワカバなるきついタバコを吸った。腐れ縁だ。納豆菌縁ともいう。
 

(無題)

 投稿者:亞都子  投稿日:2017年10月22日(日)07時29分33秒
   母方の祖母の夢をみる。春のお彼岸からはじめ、秋と二度、墓掃除をした。今後もその予定である。この台風が去れば、彼岸のお供えの花を抜きに行こうとおもっていた。今月の24日は母の誕生日でもある。夢の内容が意外に乾いていたが、亡くなった人が出て来ると気にしてくれているのかとうれしい。守ってくれているようにおもう。
 「こぼれ花」23号 投稿。今日は昼二本の仕事。台風のピークの明日は休みの予定。
 母方の実家の地所もだんだん売られ、今建っている家も持ちかねているらしい。実父も同じで、亡くなった時は借家であった。そんなことが「無常感」にもつながっているのだろう。その母方のお墓が春の彼岸の時にお参りに行くと荒れていた。他のお墓はお供えもあってきれいだった。両親の墓は遠方で行けない。父方のお墓も御浜町にあるので、ここに暮らしてから、この二箇所のお参りをして、それに替えている。とくに悪いこともしていないのに波乱がある。母方の祖父にいたっては、たいへん功徳の高い人であった。そんな事情もありわたしの感傷が動いた。お墓ぐらいきれいにしたいとおもった。寡黙な祖父で岡山出身であると聞いた。どんな経緯で御浜町に落ち着いたのか。亡くなった母のたましいもこのお墓に居るような気がする。そうして、その母もきっとよろこんでくれているとおもう。墓石もタワシで擦っている。そうしてもいいという人が居たから、そのほうが気持ちがいい。百均で新しいバケツやタワシを買って来た。車に積んである。
 期日前投票を済ませてある。そういえば、枝野さんと安倍さんの夢もみた。
 雨が続いている。神様のカウンセリングを受けるように寝床で聴いている。
 
 

杉浦 日向子

 投稿者:亞都子  投稿日:2017年10月21日(土)07時24分51秒
   47歳、癌で亡くなっている。「素隠居」(食べるだけの仕事はし、あとはのんびり暮らす)と称して江戸趣味に生きた。そうして早世。長生きがしあわせだともおもわないけれど、才能のある人には平凡な人生がないようで。でも、数式のように万事がうまくいく生き方などわかったら、文芸などは木っ端微塵に消えるものだろう。πの答えのように続いていく。その問いかけを発してしまったら、きっと最後までその旅は終わらないのだろうなとおもう。
 
 

(無題)

 投稿者:亞都子  投稿日:2017年10月20日(金)14時30分21秒
   片足をひきずりながら移動している。仕事を減らし、着物のリフォームをする予定。教えてくれる女友達は術後二ヶ月。誕生日が12月24日。わたしのキリスト。この世に未練があるとしたら、この着物である。死んだら死んだで最悪廃棄ということだけれど、できれば、母の形見の着物なのでなんとかしたい。今、着物は売ると一棹(タンス一個)一万円だという。!!!お茶もお花も関係がなく、速歩、粗雑粗忽と今後一生着物を着ることはないとおもわれる。とっっかりは紬のジャンパースカート。おしゃれしても句会もないなどと言っていては、進まない。一姫や嫁にもとおもう。衣料はさほど高くないが、季節ごとに一度クリーニングに出すぐらいのゆとりはあっていい。わたしに、そのゆとりが出来たということだ。めでたい。  

告発 

 投稿者:亞都子  投稿日:2017年10月17日(火)18時28分41秒
   DVD。日曜日に借りて、それから一週間の期日。これも、もう一度見たい。  

レンタル掲示板
/207